木下雅子活動歴

 

IMG_0791.JPG 

 

2010-            組紐・組物学会 理事

2006             クテ打組紐技法研究会を設立

2006-            クテ打組紐技法研究会  会長

Ca.1992-2007     国際服飾学会 会員

Ca.1973-2008 Handweavers Guild of America 会員

 

 

学術論文

 

hoso_square4shadesindigo2.jpg

 

'A Braiding Technique Documented in an Early Nineteenth-Century Japanese Treatise "Soshun Biko",' The Textile Museum Journal 1986, 25, 1987.

「正倉院組紐の技法について I-II」,『衣生活』,31,Nos. 1,6, 1988.

'Braids on Early Japanese Banners,' Sacred and Ceremonial Textiles, Proceedings of the Fifth Biennial Symposium of the Textile Society of America, Inc. 1997.

「大葆台漢墓出土の八角目複合組み組織の纓 の組成法について= On Construction Method of a Lacy Silk Fabric Fragment from Tomb No. 1 at Ta-bou-tai Excavation Site (1974)」、『国際服飾学会誌 = Journal of International Association of Costume, no. 15』, 1999.

「江戸期以前の日本甲冑に用いられた組紐の 組成技術「クテ打」について = Kute-uchi: A Pre-Edo Technique of Making Lacing and Braids for Japanese Armor」、『国際服飾学会誌 = Journal of International Association of Costume, no. 11』, 1995.

「日本の組紐古技法「クテ打」の復元につい て」、ひ(手綱)をとることのごとし=「執轡如組」、 奈良:(宗)元興寺、(財)元興寺文化財研究所、2005.

「正倉院所蔵の組紐の組成技法について:附 クテ打組紐技法による古代 角組の組成実技再現の試み」、『正倉院紀要第31号』、2009.

 

其の他の著作

『日本組紐古技法の研究:Study of Archaic Braiding Techniques in Japan京 都:京都書院、1994.

『展覧会2004「ループ組紐への招待」図録』、自家出版、2005.

 

国際学術会議研究報告

2005/10/30 日本の組紐古技法「クテ打」の復元について、シンポジウムー組紐古技法を語る/(宗)元興寺・(財)元興寺文化財研究所主催/(財)野村国際文化財団助成

1999 大葆台漢墓出土の八角目複合組み組織の纓の組成法について=On Construction Method of a Lacy Silk Fabric Fragment from Tomb No. 1 at Ta-bou-tai Excavation Site (1974)」、国際服飾学会学術会議、1997.

1997          Braids on Early Japanese Banners,' Sacred and Ceremonial Textiles, the Fifth Biennial Symposium of the Textile Society of America Inc.

1995          江戸期以前の日本甲冑に用いられた組紐の組成技術「クテ打」について=Kute-uchi: A Pre-Edo Technique of Making Lacing and Braids for Japanese Armor」、国際服飾学会学術会議,1995.

 

講演・講習・実演など

2007/11 /23       芭蕉の館 栃木県大田原市  

2007/11/10-16    第1回国際組紐会議 京都工芸繊維大学 

1980以 来         台組紐技法、ルー プ組紐技法関係の講習、講演、実演などで国際的に活動

 

展覧会 

2004/10/22-26    展覧会2004「ループ組紐への招待」/奈良・国際奈良学セミナーハウス内 世尊院/ループ組紐グループ主催/(財)日本きもの振興会協賛 

1998/4           「クテ打への招待」展/東京・京橋・千疋屋/クテ打の会主催

1974-            染織及び組紐作家として、個展、応募展、グループ展に参加、 国際的に活動 多数の賞を取る